投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

部分部分で見るのも大事だけど全体性が大事なんだよ!って話なんじゃないかなぁって話

はいどーも!

天狗商店のダサい服ばっかり着てる方こと 天狗店長です!ハドソン!

いやぁー今回は更新早かったな!

嘘ですッ!

途中まで書いてたらなんだかんだ2週間も経っちまったぜ!
まあそれはそうと

勢いがあるうちにバババァーと書き上げるぜ!
なんだっけ?















あー!そうそう!
うちの知り合いの話なんだけどさ
まあ知り合いっていうか長男なんだけどさ ※長男(ちょうなん) ・兄弟のうち一番目に生まれた男子。長子。総領。


まあかれこれこの人とは30年くらい付き合ってるわけなんですれど

ポーカーとかして一緒に遊んでるといつもおもうわけですよ

「こいつ勝負運ないな」っと

なんていうか昔からそうなんだけど

ここぞって勝負の時すごい弱い印象がいつもあるんですよね

で、最近になってこれじゃね?

ってことに気が付いたんですけど

まあそれは置いておいて

ちょっと別の話をしますねあとでまた帰ってきます





たしか甲野善紀先生の本読んだ時に書いてあったんだったかな

『昔々、武を極めようとしていた二人組が

飛び入りである道場に試合を申し込もうと訪問したところ
すでに二人分のお茶とお茶菓子が用意されていた』
って話がありまして
このエピソードがすごい好きで
この道場の師範代は
二人が来るのを最初からわかっていたんですよね
なんでわかったかというと
いやもうわかったからわかったとしか言えませんよ
理屈じゃないですよこんなこと
最近よくおもうのが 確かに理屈は便利なんだけど
それだけではダメなんですよ

ダメっていうのは具体的に言うと


100回やって100回勝てる人間になれないってことね


上の昔話で言えば 「試合で負ける」=「死」

なわけなんですよね

例えば死なないにせよかなりのリスクを負って挑むわけじゃないですか

そんな勝負の世界はさ理屈では絶対勝てないんですよ

「縦に切ってきたら左に避ける」「横に切ってきたら後ろに避ける」

なんて頭で考えていたら遅いんですよ



いやでもいろんな考え方があるからね

別に俺はこの考え方は古いとかこのやり方ではだめだなんて思いませんよ

なによりも勝負の世界において

「生き残った者が勝者」ということは変わりませんからね

結果が全てですよ

みんな自分の考えでやればいいだけの話

それに結果が伴うってだけ




で、話を最初の長男の勝負運のなさに戻しますね

先月俺が溜まってる録画消費しようとおもって

昨日夜の町に繰り出して思ったこと

こんにちは代表です。


昨晩、外に出まして色々と思うところがありましたので話そうと思います。


昨日は金曜日ですね。

お客さんと店長とお店にいましたらお客さんの1人がこう言いだしました

「みんなのラーメンに対する意識を変えたい、俺はそう思っている。」







まぁまぁまぁ、ひとまず落ち着けよと。

彼はいつも急に変な話をだしてくる奇才でして今回も始まったか、と。


彼曰く古町にとてもおすすめのラーメン屋がある!と言うわけです。

もう時間は22時になろうかというところ。


幸いそのお店は夜にやっているようで時間的な問題はクリア

「よしじゃあ行くか。」



お店を飛び出してみんなでラーメンを喰らいに向かいます。












まぁ結論から言うとお店は閉まってました。





オイオイオイ、ここぞという時にハズレを引いてしまう彼は今日も絶好調。

プランAが崩れた彼はすぐにプランBに変更、我々を行く先もわからず歩かせます。




と、まぁこんな具合で結局は古町の下の方にある居酒屋でラーメンを食べて帰ったわけです。

こんな話は枕であって本題ではありません。








久しぶりに金曜の夜に古町に降り立った私。

やはりなかなか行かないんですよね古町。

そして夜出歩くことも珍しい、普段はお店にいますから。

なんかこう古町の歓楽街?繁華街?を歩いてるといろんなお店があるわけですよ。

居酒屋はもちろん、喫茶店もお菓子屋さんも中華料理屋も勿論大人なお店も
様々なお店が色々集まってそれぞれ違うテーマで営業してるんですよ。
そして何より古町は歴史的にも古い町だし老舗と言われる場所もあり芸妓さんの文化もあり。その混在した空間がすごく居心地よくてね。


そこにいるみんなが楽しそうで、歩いてるだけでこっちも楽しくなってきます。

不思議とそんな町に体を馴染ませるとなんか、こう心が広くなっていったんですね

すれ違うおっさんの肩が当たっても「みんな楽しそうだからいいか」とか
「いかがっすか〜」って声かけてくるお兄さんも「暖かくなってよかったね、仕事頑張れ!」って思う。

歩道から見える店内のスタッフもお客さんもみんな生きてるんだなって。

駅前を歩いてもそんなこと考えないんだと思う。
きっと偏見かもしれないけど「バイトしてる」ではなく「働いてる人」が古町には多いと思う。

バイトで稼ぐんじゃなくて今やっている仕事を「仕事」としてやってる。
1人でお店をやってたり家族でやっ…

二周年ありがとうと言い訳と努力の結晶はすごい!って話

ファスナァー
店長チャック!
どうも天狗商店のらっきょ好きの方!
天狗商店店長こと天狗店長ですアラサー!

おかげさまで天狗商店無事二周年を
迎えることができました!

ありがとうございます!!!

すごい今更です!さーせん!


全部大文字だとありがたさがなかなか伝わらないね!

こういう普通サイズの文字挟んでから言ったほうが
読み手にインパクトあるよねたぶん

ありがとうございます!

おかげさまで天狗商店無事二周年を
迎えることができました!

これもひとえに皆様のおかげです!

本当にありがとうございました!

これからも天狗商店をよろしくお願いします!!!!!












        完



















いやおわんねぇーよ!!!

せっかく久しぶりにブログ書いたんだし

なんか適当なこと書こうかなぁー全然決めてないけど


いやぁ二周年かはやいなぁー

天狗新聞にも書いたけど

まだまだおもしろいよ天狗商店は

今年はどんな年になるのかなぁー

そうそうそういえば

今さっきあったことなんだけど

自称なんでも屋のどっかの会社の若い営業の子が

急にきて「なんでこのお店はじめてんですか!」

「これからどうしたいとおもいますか!」

「なんでも手伝いますよ!」

とかすごい勢いで質問してきたんだけど


いやそもそもお前誰だよ!って

とりあえず名刺とかパンフとかあるじゃん!

すげぇおもしろかったですわ

なんだったんだろうあの子

段取りってあるじゃん

まあそれはいいんだけど その子が

「チェーン店とか考えてないんですかぁー?」

とか言ってきて

なんかちょっと不思議な気持ちになって

そのことを書きますね 営業の子ありがとう

いや別にチェーン店の話ではない

あれいや違うななんだろう

何の話したいんだろう

(ここで10分くらい悩む)

うわぁーわかんねぇー

あの時俺はなにを気が付いたんだろう

まあいいや別の話しよう

ブログってむずかしいよね

なにかを発信しなきゃならないのに

なまじ天狗商店店長を背負っているもんですから

発言を制限しなくちゃならない

書きたいことは山ほどあるのにタブーなことが多いこと多いこと

これをね 熱意を持って書きたいタブーじゃないことを

探すのがまぁーなかなか難しいことであって

俺だって書きたいんですよブログまじでまじで

ほんと週1くらいでちゃんと書きたいんですよ

でもなぁー天狗商店の店長背負ってるからなぁーー

なかなかなぁーー




そうです!
これが最近ブログ書いてなかった言い訳です!イェイ!


っとまあそれはさておき