天狗の日だから群馬にある迦葉山弥勒寺に行って来たよって話

はいどうもこんにちは代表でございます。

天狗商店の代表でございますよ。

ええ、ええ。



もうすっかり10月ですが10月も12日になりました。

もう前回のブログから何日経ってるんだよと、調べました。

9月8日

私が中華丼の話をして終わってます。

なんで1ヶ月もブログを書いてないんだと

書ける人間は私と店長。

2人もいるのにこんなにサボっているとは、怠慢の他なりません。








いやいや、ここまで書きましたけど最近なんだかんだお店がバタバタしておりまして
ブログに向き合う時間がないわけですよ。

なんでかって、、、

























ブログ書くよりフライパン振ってる方を優先してたからですよ。





さぁ、今日も1ボケかましたことでもうこのブログも終了、、、

いやいや!天狗のお寺の話やで!!!





さてさて、日本には三大天狗寺と言われるお寺があります。

・高尾山薬王寺(東京)
・鞍馬山(京都)
・迦葉山弥勒寺(群馬)

今回は一番近いところ迦葉山弥勒寺に行ってまいりました。

あっちなみに10月9日は10(テン)9(グ)で天狗の日となっております(勝手に)ので行って来ましたよ。



場所はこちら
群馬県沼田市です。



結構な山奥です。
途中の道は車がすれ違えないほどの山道でした。

Googlemapを見ていただけたらわかりますが道がもういろは坂くらいくにゃんくにゃんです。

普通に酔います。




近くの駐車場から歩くとすぐ本堂、その後ろに中峯堂が見えて来ます。
写真は中峯堂。この中に天狗さんのお面がたくさんあります。



中に入って見ましょう。
左の大きなお面が恐ろしいです



実は大きなお面はたくさんあります。



めっちゃこっち見てる。



写真を撮ってたらスタッフさん?お寺のスタッフってなんだ?和尚さん?いや違う、僧侶?ん?
まぁそんな感じの人が

スタッフ「いいシャッター音ですね、フルサイズですか?」
(私はこの日最近勉強中のカメラを持って出かけていました。)
私「ええ、フルサイズです。」
(フルサイズとはカメラの画角で決まるサイズの話です。)
スタッフ「やっぱりフルサイズですか、フルサイズはシャッター音が心地いいですよね」
私「そうですね、、、」
スタッフ「私フルサイズ持ってないけど」
私「、、、」

















「あの、今更ですがここって写真撮って大丈夫ですか?」

みたいな話をしてました。
なんかその人は新潟の人らしく気さくに話しかけてくれていい感じでした。

一番盛り上がった話は「カメムシ」を「クサムシ」と言うか言わないか論争でした。
福島の人は言う、新潟の人は言わない。でもスタッフの人は新潟だけどクサムシと言う。
両親と祖父祖母はいろんな出身の人だから私はクサムシでも通じるのかもしれない。
だそうです。














てなわけで、この場所は天狗のお面がいっぱいあってなんなのか?と

こちらです



「お借り面」

ここでお面を借りて翌年返しにくるという習慣があります。
最初は小さいお面から借りて来年は倍にして返す。

恐ろしい戦法です。一連の流れ

1、お面を借りて帰る
2、神棚(又は仏壇)に祭る、開運のご利益が有る。
3、翌年、参道の茶店でお礼参りのお面を買う。
4、借りたお面と一緒に「お返し面」の方に供える。
5、お借り面の方から新たにお面を借りて帰る。
※最初は小さいお面から徐々に大きくしていく。


写真を撮り忘れましたが、お借り面の他に「お借り銭」というものもありました。
こちらは1円玉が置いてあり、借りて来年倍にして返すというものです。


天狗商店は今年はかわいい奴を借りて来ました。



なんだか天狗ってよりどこかの先住民のお面みたいです。
来年はこの子を返して新しい子をもらって来ます。


てなわけで天狗の日に代表は迦葉山弥勒寺に行ってましたって話でした。



おつかれさまでした。りせっとぼたんをおしながら でんげんをおきりください

コメント

このブログの人気の投稿

【これを読めば天狗商店の一年がわかる!】2017年の天狗商店を振り返る!

ちょ!俺の最近のものすごく考えてる事聞いてくれ!って話になった話

天狗のクリスマス会はすごいぞぉぉーーーー!って話