夢のチョコレート工場って映画見たら泣けてきた話

どうもどうも天狗商店の穴だらけのスリッパ履いてる方の人間です。

本日は木曜日でお日柄もよく、まぁ午後はほどほどに暇でしたし
そもそもずっと体調がよくない!!

もう年末年始から悪くなって
よくなったと思ったら少し悪くなって(この上下は体の直接的なダメージもあるけど心のダメージとか気持ちの問題もある)

心も体もよくなったり悪くなったりで
「あ〜お昼たくさん食べたら眠くなったから帰って寝たい」と思ったわけです。

それを捻じ曲げに捻じ曲げて店長に「体調が悪いので帰って寝て来ていいですか?夜も仕事ありますし今のうちに休んでおきたいです。」

店長「え、あ、はい。そういやこの前バスセンターの上にあるお菓子屋で映画が流れてたんだけどめっちゃ雰囲気よかったんだよね、アマプラにないかな。あ!あったわ!見よ!代表も見なよ!100円くれ!」

代表「あ、じゃあ帰って寝ながら見ます、おつかれした」

というわけで一時帰宅して映画見てました。

その映画は

「夢のチョコレート工場」

いや、もう先に言いますけど多分これ見るの2回目くらいです。
でも今日も見た事ないと思って見たけど最後の方で見たことある気がする、、、
でも確信は持てないくらいまでしかいけませんでした。

忘れっぽいんですね


この「夢のチョコレート工場」はあの「チャーリーとチョコレート工場」の古いやつです。
んでもって「夢のチョコレート工場」は「チョコレート工場の秘密」という小説が元になってます。

チャーリーとチョコレート工場は大好きで何回も見てたんですがツタヤに行くたびに「夢のチョコレート工場」を見るか見ないか、借りるか借りないかを悩んでる時期が2年くらいありまして
その2年せいで僕の「見てない映画リスト」に入ってしまっています
見たところでそのリストから削除されない呪いのような作品になってるんだと思われます。





小学生の頃、先生が授業で「チョコレート工場の秘密」(小説)を読み聞かせしてくれました。
もちろん小説だから授業の1コマで完結させることはできず何回かに分けて読んでくれたんですが
読んでくれる先生の声からイメージを想像してめちゃくちゃ興奮してた事を思い出しました。
今思うと自分の人格を形成した一つのお話だったのではないかと思うくらいいい経験でした。
毎回途中で終わって次回の続きが気になる!となってるのって本当にエモいよね







まぁざっくり説明しますと
世界的に人気のあるウォンカチョコの工場は人が誰も出入りしてないのに生産ラインはストップしてない。
ある日ウォンカチョコに5枚だけにゴールドチケットを入れたからそれを持ってたら工場見学できるよって情報が出ます。
それでまぁすったもんだあって工場見学して面白いねって話ですよ





主人公のチャーリーがめちゃめちゃいい子で泣けてくるし
昔のキャンディーショップの雰囲気とか最高だし
ストーリーもわかりやすくて単純明快だし
なんか本当完成されてる映画だなって思いました


特に何が言いたいわけでもないけど暇だから文章書いて落ち着こって思ったし
最近ブログ書いてないなって思ったから書いた次第でした
映画は面白いからおすすめです

他愛もない文章に付き合っていただきありがとうございました

おつかれさまでした。りせっとぼたんをおしながら でんげんをおきりください

コメント

このブログの人気の投稿

部分部分で見るのも大事だけど全体性が大事なんだよ!って話なんじゃないかなぁって話

天狗代表のこれだけ食べてたら生きていけるなら食べてるもの5選

ワオッ!今年もやってきた!天狗商店の一年を振り返る2019年!今年の総括!~前半~