天狗商店ファンタジー部の話とか

ヨークシャテリア!店長ダックスフンド!

もうなんなんだよこの挨拶!そろそろ誰かつっこめよ!

ほんとなんなんだよったく

はぁ~あ

よしゃ!今日もはりきってブログ書いていきましょうかね!

よっしゃ!今日もがんばるぞ!



よっしゃ!明日ももちろんがんばるぞ!

よっしゃ!でも明日定休日だぞ!

よっしゃ!じゃあ明々後日もがんばるぞ!


よっしゃ
いやなんなんだよあなたたちは!!!!
いいかげんにしろよ!!!!



はい最近空前の武器制作ブームを迎えている天狗商店でありますが

いやぁーこれおもしろいなぁーほんとみんなやった方がいいよ





わかりますかこのくだらなさ

いい大人がしょーもない画力でがんばって武器描いて

ご丁寧に凝った説明まで入れてるんですよ


こんなおもしろいことがあるか!

本来ね生産的なことなんてなにやってもおもしろいはずなんですよ

それを大人だから子供だからっていってね

みんなはずかしがったり時間がないとか画力がないとか才能がないとか

適当ないいわけばかりして本気でとりくまないわけですよ

ちゃんと考えてまじめにやれば大概のもんはおもしろくなるのに

じゃあ!「ギャス・ドワード」の説明しますね!

【ギャス・ドワード】

「鉱山資源の乏しいエヌーレ地方で作られた エウレン街より半径10km圏内でのみ使用を認められた武器
 なぜ10km圏内かというと元々ドワーフとノルドの間に生れた鍛冶屋のボシュトによって考案された
 小柄なノルド(ただし偵察部隊に限る)でも扱いやすく鋼の割合が少ない武器で敵のサイズにもよるが2、3匹切れば刃こぼれすることかも多いもしくは軽量化のためにあけられた中心のくぼみによって刀身が非常にもろく当たり所によってはすぐに折れてしまうよってエウレン街の長ヘイブンにより10km圏内でも使用のみ認めるという規約ができたのである むろん柄の部分に埋め込まれた宝石はケチなノルドらしくガラス玉である
名称の「ギャス」とは古代ウル語で「いざ」「ドワード」はドワーフから受け継がれたもの」となり言葉の響きがよかっただけで大した意味はない
価格 (本来売り物ではなくエウレン自衛隊に配布されるもの原価でいえば1000メリエ程度である)
1メリエ→10円 ただし鉱石の価格は常に変動するので一がいには言えない




ばかじゃねぇーのwwwwwwwwww

いい大人が何やってんだよwwwwwww

最高wwwwwwww


じゃ!


おつかれさまでした。りせっとぼたんをおしながら でんげんをおきりください

コメント

このブログの人気の投稿

【これを読めば天狗商店の一年がわかる!】2017年の天狗商店を振り返る!

ちょ!俺の最近のものすごく考えてる事聞いてくれ!って話になった話

天狗のクリスマス会はすごいぞぉぉーーーー!って話