雪が溶けない事を理由に言い訳を考える

さてさて、私だ。




























代表だ。




















ここのところ、いっつも雪が視界に入ってくる。

案外、どこにいても雪が目につくようなそんな気がする。

毎日雪を見ている。

こうこれでもかというくらい見てる。

もう飽き飽きしてるくらい見てる。


















しかし、私は雪をフォローしたいと思う






















私は雪が好きだ。


















でも雪によって最近いろんな観光地で問題が起きてる。




観光地って行ったけど別に観光地ばかりじゃなくていろんな場所で問題が起きてる。
なんで観光地って言ったんだろうか




まぁ、高速が止まったり、電車が運休になったり、バスが立ち往生したり







本当に困ってる人には申し訳ないが

「この雪だから、、、」

という謳い文句でなにか色々と避けることができるのではないだろうか。

「どうしてポテトフライが欠品してるんですか?」
「いや〜、、この雪だから、、、」

「どうして餅グミが欠品してるんですか?」
「いや〜、、この雪だから、、、」

「どうして梅こんぶがなくなりそうなの?」
「いや〜、、この雪だから、、、」

「どうして金券系の駄菓子がなくなりそうなの?」
「いや〜、、この雪だから、、、」

「どうして赤ベーガムがないんですか?」
「いや〜、、この雪だから、、、」

「どうしてどんぐりフーセンガムがないの?」
「いや〜、、仕入先がこれだけ違うから、、、、」
















天狗商店パターンの他にも
企業においてもこれは使えるのではないでしょうか?

「どうして頼んだものが納品されないんだ!?」
「いや〜、、この雪ですから、、、」

「どうして発注した通りに納品しないんだ!?」
「いや〜、、この雪ですから、、、」

「もう君じゃ話にならない!上司を呼んでもらおうか!」
「いや〜、、この雪ですから、、、」

「上司も来ないと!?じゃあ私は帰る!タクシーを呼んでもらおうか!」
「いや〜、、この雪ですから、、、」

「なんだと!君の会社とはもう取引はなしだ!」
「いや〜、、それは困る」

というふうになるのです。


ここまで書いてたら小学生が約束通りおもちゃを持って来てくれました。

先日、「ちょっと使って見たいから持って来て」といったら

「おっけー、多分金曜にもってこれると思うよ」って言った小学生が本当に持って来てくれました。

子供なのにちゃんと約束を覚えてるなんて将来有望ですね。











大人になっても約束守れない人が多いですからな、、、ふふふ




まぁそんなわけで小学生おすすめ、

レーザークロスシューティング

がまぁ面白そうなわけですよ。

詳しくはリンクから

http://www.megahouse.co.jp/megatoy/products/item/2283/

60mの飛距離のレーザーは必見です。

一応利己的なアマゾンアフィリエイト貼っとこ


今日はもうこんな感じでいいや。

お疲れ様でした。

おつかれさまでした。りせっとぼたんをおしながら でんげんをおきりください

コメント

このブログの人気の投稿

【これを読めば天狗商店の一年がわかる!】2017年の天狗商店を振り返る!

ちょ!俺の最近のものすごく考えてる事聞いてくれ!って話になった話

天狗のクリスマス会はすごいぞぉぉーーーー!って話